西尾佳織ワークショップ 「絵をあいだに置く・絵をやってみる」12月4日(水)

投稿者: uedafes 投稿日:

アーティストインレジデンス 『ことなることとこととならぬこと』12月7日(土) 8日(日)

124日(水)19002100
西尾佳織ワークショップ
「絵をあいだに置く・絵をやってみる」
参加費:1,500

絵を見るとき、何を見ているでしょうか?二人一組で、一人が絵を見て、絵を見ていないもう一人に言葉で絵を伝えます。絵を見ている人と見ていない人の間に像が結ばれるまで、話します。その後は、絵を戯曲にして、絵をやってみます。
(定員:8名 対象:中学生以上)

西尾佳織(にしお・かおり)

劇作家、演出家、鳥公園主宰。東京大学にて寺山修司を、東京藝術大学大学院にて太田省吾を研究。2007年に鳥公園を結成、以降全作品の脚本・演出を担当。「正しさ」から外れながらも確かに存在するものたちに、少しトボケた角度から、柔らかな光を当てようと試みている。

チケット予約はこちら
カテゴリー: WORKSHOP