ソコナイ図
dracom(大阪府吹田市)

9/29(土)16:30/23:15
9/30(日)16:30

会場:スタジオ セブンツー(海野町商店街)

作・演出:筒井潤
出演:dracom
上演時間:95分(予定)

一般:2,500 円 / ペア:4,000 円
学生:1,500 円

なぜ現代に起きてしまう、「餓死」「孤独死」に独自の視点から切り込む

本作は、大阪で実際に起きた孤独死(餓死)事件を題材に「都市で餓死は可能か」を描きます。都市部の孤独な餓死には、資本主義経済が生みだした歪みと、それが原因で生活が困窮する個人、そして個人に対する補完的役割を果たさない社会保障制度などが複雑に絡みあっています。はたして被害者の死因を単純に「餓死」と片付けてしまっても良いのでしょうか……。
主宰の筒井潤は、その批評眼で注目の演出家ですが、彼が選んだ会場も、この作品には打って付け。29日(土)の夜公演は物語の設定時間にあわせて深夜に上演します。“社会の有り様”を突きつけてくる彼らは、観客に大きな刺激をもたらすに違いありません。

dracom
大阪を拠点とする公演芸術集団。独特な関西アクセントの発話でユニークな創作を続けている。過去にフェスティバル/トーキョー2010、Sound Live Tokyo 2014、Nippon Performance Night 2017(デュッセルドルフ)等に参加。

筒井潤(つついじゅん)

演出家、劇作家、俳優。dracom リーダー。2007年京都芸術センター舞台芸術賞受賞。2014~16年セゾン文化財団セゾン・フェロー。dracomの他にも、演劇に限らずダンスやアートツーリズムの演出等、多彩な活動を行っている。

カテゴリー: PROGRAM