shelf volume 29 『AN UND AUS|つく、きえる』

shel【f東京都】

作:ローラント・シンメルプフェニヒ

訳:大塚直

構成・演出・美術:矢野靖人

stageperformingrights:S.FischerVerlagFrankfurt/Main出演:川渕優子、三橋麻子、沖渡崇史、横田雄平、江原由桂、大石憲、鈴木正孝、古木杏子

会場:犀の角

12月7日(土)18:00
12月8日(日)18:00

一般:2,500円 学生:1,500円 小学生以下無料 ※未就学児OK

チケット予約はこちら

沿岸の小さな町の港にある小さなホテル。日常のなか、毎週月曜に必ず不倫を重ねる三組の中年カップル。心の中で葛藤を抱きながら、誘惑に誘われ、日々の喧騒から逃れるかのように。ホテルのスタッフである若者は、湾岸警備のため高台にいる恋人の娘と携帯電話のメールで常に連絡を取り合っている。お互いを深く愛し合いつつも、二人が直接に出会うことはない。「まるでミツバチとクジラみたいに。」やがてカタストロフィが世界を襲い、ホテルは―世界は水の底に沈んでしまう。

矢野靖人(やの・やすひと)

演出家、劇団代表。青年団(主宰:平田オリザ)演出部を経て、2002年2月にshelfを始動。洋の東西を問わず、古典的テキストを中心に大胆に再構成した作品を手がける。代表作に『R.U.R.asecondpresentation』(カレル・チャペック)、『GHOSTS-COM-POSITION/IBSEN』(ヘンリック・イプセン)、『班女/弱法師』(三島由紀夫)など。

チケット予約はこちら
カテゴリー: PROGRAM