上田街中演劇祭2019

大正時代に「上田自由大学」で教鞭をとった文学者タカクラ・テルは、上田の地で文学的魂を養ったと言われています。この地で暮らす農民たちとの出会いが彼に大きな変化をもたらしたと本人が語っています。大都市圏で培われた最先端の知識や先鋭的な思想で農民たちを教化するどころか、逆に農民たちに教えられたと言います。

さて、この現代の上田における舞台芸術の祭典は私たちに何をもたらすのでしょうか? 新しい価値を生み出そうとするアーティストと、トレンドに振り回されず地域で自分の表現を模索する人びと。プロフェッショナルとアマチュア。どちらが正しいということではなく、フラットにお互いを見つめ合えるような場にすること。自明性を根底から覆す、心に傷跡を残すような刺激的な出会い、互いの価値基準を明らかにし、ひいては世界に新しい可能性をもたらすような出会いが、今、舞台に、客席に、街中に、再びこの地に生まれることと期待しています。
「上田街中演劇祭2019」へのご来場心よりお待ちしております。

2019年9月21日(土)〜12月22日(日)

会場:犀の角、竹乃湯、別所神社神楽殿

主催:一般社団法人シアター&アーツうえだ

後援:上田市

協力:石井工務店株式会社/株式会社岩下建築太郎工房/上田映劇/うえださんと、実行委員会/上田城下町映画祭実行委員会/海野町商店街振興組合/劇団モカイコZ/古典戯曲を読む会@上田/SOUND PAL/サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)/とんがり族/特定非営利活動法人リベルテ ※五十音順

ディレクター:荒井洋文

制作:荒井舞/前田由紀/安徳稀仁/小松順子/司白身/たなかさら

舞台技術:市川一弥/伊藤茶色/諸澤啓二

広報宣伝:伊藤茶色

デザイン:UNY design

編集:今井浩一(『engawa』)

WEB:村上デザイン制作室

助成:令和元年度 長野県 地域発 元気づくり支援金

お問合せはこちら

最新情報